2010/01/30

軟骨再生には

コンドロイチンという成分について気になっている人は膝の関節痛や腰痛に悩まされているのではないでしょうか。
また、年齢を重ねるごとに肩こりがひどくなってきてコンドロイチンに関心を持ち始めたかもしれませんね。
コンドロイチンという成分が配合された薬品やサプリメントの宣伝ではよく関節痛によく効くという文句が使われていますよね。
コンドロイチンはどれほど関節痛に効くのだろうかと思う人は多いことでしょう。

コンドロイチンがなぜ関節痛に効くのかというのはこの成分の特徴や構造について知る必要があるかもしれませんね。
そもそもコンドロイチンはサメの軟骨などから抽出することが多いようですね。
コンドロイチンだけでなく、それをサポートする成分もしっかりと摂っていきたいですよね。
関節痛は私たちの骨と骨の間にある軟骨の減少によって起こるようですが、それをコンドロイチンが解決してくれるようですね。
つまり、簡単に言えばコンドロイチンが私たちの軟骨再生を手伝ってくれるということなのではないでしょうか。
慢性的関節痛に悩まされている人でどんなものを飲んでも聞かないという人がいるかもしれません。
では、コンドロイチンという成分を最強にするには他にどんなサポートがいるのでしょうか。
ここで出てくるコンドロイチンのサポーターはグルコサミンという成分とMSMという成分です。
コンドロイチンというのは飲む液体タイプから錠剤までいろいろな種類があるようです。
原料はサメだけでなく、様々なものからコンドロイチンを抽出できるとも聞いたことがあります。
健康食品やサプリメントにはこのコンドロイチン、グルコサミンMSMの3種類が一緒に配合されているものが多いようです。
しかし、この軟骨再生にはコンドロイチンだけでも働きがあまり良くないようですよ。